トップ協会について協会メーカー紹介ペンについて新着ニュースフェアのご案内

メーカーページ
| ACME | AQUILA | AURORA | CARANd'ACHE | CROSS | Delta | DIPLOMATS.T.Dupont | FABER-CASTELL | GRAFVON FABER-CASTELL |

| Fisher | LAMY| MONTEVERDE | PARKER | Pelikan | PORSCHE DESIGN | SHEAFER | STAEDTLER PREMIUM | Visconti | WATERMAN |

| YARD-O-LED |


(アウロラ)


アウロラ社は、イタリア北部の都市トリノで、イタリア最初のペンの製造業者として、1919年創業して以来、常に「機能」と「デザイン」の調和を求めてまいりました。
ペンが単にものを書く道具という役割を越えた時、優雅な書き味だけでは充分ではありません。デザインや機能の細部に至るまで、熟練した職人芸が施されていなければなりません。
1930年代の「オプティマ」、1940年代の「88」、1970年代の「アスティル」・「テッシー」などのシリーズは、後のペンのデザインに、多くの影響を与え、特に、アスティルとテッシーは、筆記具としては世界で初めてニューヨーク近代美術館(MOMA)に永久展示保存されています。
また、クラシックな製品だけでなく、カジュアルな「イプシロン」「タレンタム」は、イタリアの明るさをそのままデザインや色合いに表現した、新しい感覚と使いやすさで、これからペンを使おうという方に最適のモデルです。
アウロラは、ペン先からボディにいたるまで、すべて自社工場で生産する「Made in Italy」そのものであり、イタリアの筆記具のトップメーカーとして、伝統と技術の融合を追及し、新しい時代の伝統を作り上げてきたその歴史は、イタリアのペンの歴史といって過言ではありません。
限定品、限定生産品、オプティマ、88などの高額製品には、ペン芯にインクの流れがもっともスムーズなエボナイトを使用しています。
また、吸入式のモデルには、リザーブタンク付のピストン吸入方式が採用されています。これは、筆記中にインクが切れても、尻軸を回してピストンを押し下げると自動的に予備タンクからインクが供給され、A4で1−2枚程度書き続けることができます。
88・オプティマは、プラスティック成型ではなく、アウロラ特注のアウロロイド(アクリルレジン樹脂)のブロックを削り出して形を作り出しています。
また、クリップは、金属をたたき出して作られています。
ゴールドプレート部分は、下地に18金メッキをかけてその上から23.4金をかけています。 厚さは、製品によって異なりますが、5から10ミクロンの厚さがあり、貴金属アクセサリーと同程度の仕様となっています。
そのアウロラの伝統や製造技術を継承するため限定品や限定生産品が作られています。
 
 トップへ戻る      AURORA メーカーページへ