トップ協会について協会メーカー紹介ペンについて新着ニュースフェアのご案内

メーカーページ
| ACME | AQUILA | AURORA | CARANd'ACHE | CROSS | Delta | DIPLOMATS.T.Dupont | FABER-CASTELL | GRAFVON FABER-CASTELL |

| Fisher | LAMY| MONTEVERDE | PARKER | Pelikan | PORSCHE DESIGN | SHEAFER | STAEDTLER PREMIUM | Visconti | WATERMAN |

| YARD-O-LED |


パーカー
(パーカー)


19世紀末、電気技師をしていたジョージ・サッフォード・パーカーがペン製造に乗り出し試行錯誤を重ねた結果、インク漏れやインク詰まりなどのトラブルを無くすインク供給システムを発明しました。そして、1888年に「ラッキー・カーブ・ペン」と名づけた万年筆を販売したことがパーカーのはじまりです。1892年には共同出資者とともにパーカー・ペン・カンパニーを設立し、筆記具メーカーとしての第一歩を踏み出しました。以来、最新の技術を積極的に取り入れ、美しいスタイリング、使いやすさ、そして耐久性などで高い評価を獲得するようになり、 “The world’s Most Wanted Pen(世界で最も愛されるペン)”というキャッチフレーズがつくまでに。中でも1921年に発売された「デュオフォールド・オレンジ」は、今まで黒色一辺倒だった万年筆にオレンジ色のカラーとアールデコ調のデザインを持ちこんだセンセーショナルな逸品でした。“ビッグ・レッド”の愛称で呼ばれたこのデュオフォールドは、近年ではブッシュ、エリツィン両元大統領が軍縮会議の合意文書の署名に使用したことから“平和のためのペン”と呼ばれました。
創業当時にジョージ・サッフォード・パーカーが抱いていた「優れたペンを作りあげる」というシンプルでひたむきな願いと品質へのこだわりは、今日もすべてのパーカー製品に脈々と受け継がれています。パーカーのデザイナーたちは、常に最高の素材のみを使用し、従来の製造方法と最新技術を絶妙なバランスで融合させて、パーカーならではの品質を守りつつ、モデルごとにまったく新しいペン作りを心がけています。
そのクラフトマンシップに基づいた「信頼性」と、持つ人にとって生涯のパートナーとなる「誠実さ」が、パーカーのブランド価値です。また、ブランドの象徴である「矢羽クリップ」には、未知への挑戦や新たな可能性を探し求めるなど、志を抱く人々の道しるべでありたいという確かなメッセージが込められています。
 
 トップへ戻る      PARKER メーカーページへ