トップ協会について協会メーカー紹介ペンについて新着ニュースフェアのご案内
ペンのお手入れ方法・ペン購入のアドバイスペンクリニック品質保証-修理
ペンのお手入れ方法


■万年筆
万年筆は、お使いになる方によって、ペン先の角度などが、それぞれ異なるため、ペン先を馴らして、ご自分の書き味にすることが必要です。
毎日、お使いいただき、常にインクが流れやすくしておくことと、時々、お掃除していただくことが、最良のお手入れ方法です。

常時お使いの場合は、時々で結構ですが、長時間使わなかった時やインクの色を変える時などは、インクを入れる前に、水またはぬるま湯(触って暖かいと感じる程度)をインクの代わりに通して、洗浄してください。
(注:ペンクリニック参照)
なお、多くメーカーは、指定のインク(多くは自社製品)を使用しない場合は、保証の対象外となる場合がありますので、ご注意ください。
また、紙質によっては、紙のカスがペン先の間に入り込んでいる場合がありますので、柔らかい布で軽く拭き取って、取り除いてください。

万年筆は、一般的に気圧や温度や衝撃の影響を受けやすいため、携帯される時は、キャップを上にしてください。
時々、ご使用時に、持つところにインクが付着していることがあります。これは、万年筆のインクは、常に蒸発しているため、水滴がキャップの内側に付着し、このような現象が起こります。これは、キャップの内側に付着したインクを柔らかい布でふき取ることによって解消できます。
ペンをバッグなどに入れ、固定せずに携帯した場合も、衝撃などで、同様の現象が起こることがあります。ペンケースなどに入れて、ペン先を上にして動かないようにして携帯されることをお勧めします。
また、インクの量が少なくなった時やペン先が汚れている場合にも同様の現象がおこることがあります。

両用式・・・万年筆のインクの吸入方法を、カートリッジインクとコンバータのどちらかを選択して使用出来る。

万年筆 両用式

吸入式・・・万年筆のインクの吸入方法が、尻軸を回してピストンを上下させ、吸入する方式でインクを補充する。

万年筆 吸入式

〇万年筆インクの特徴
一般的にブラックインク、ブルーブラックインクは顔料を使用している場合が多いので手入れをマメにしていただくことをおすすめいたします。
万年筆は、インクの通り道が髪の毛ほどの細い道を通ってペン先に伝わります。
顔料が固まってしまってインクの通り道をふさいでしまいますとインクの流れが悪くなりインクが出なくなってしまう場合がございます。定期的にペン先の洗浄をして下さい。(注:ペンクリニック参照)
一般的にブルーブラックインクは筆記時としばらく時間が経過したときに色合いが変わります。(メーカーごとに度合いは違います)
これは公文書にはブルーブラック(日本ではブラック)としていたのと係わりがあり、ブルーブラックインクはインクの成分が酸化する事によって文字が残る(保存出来る)ようになっております。
そのためブルーブラックインクは筆記直後(濃紺)と時間が経過して残った色(黒っぽい)とでは変わってしまいます。
ブルーブラックインクにて筆記後、見返した時に色が違う、となった時それはインクが正常に酸化して本来の機能を果たした時です。
保存性が高いインクは明るい色よりも比較的乾きやすく、インクづまりを良く起こします。ペン先の洗浄をまめにしてあげましょう。(注:ペンクリニック参照)
また、明るい色のインクは逆に時間が経つと退色いたします。(こちらもメーカーごとに度合いが違います)保存性よりも発色を重視していると言えます。


■ボールペン
ボールペンは、先端のボールを回転させてインクを紙に残していくしくみになっています。
従って、必ず微量のインクがボールに残り、それが時々紙につくことがあります。紙質によっては、紙のカスがたまりやすく、インクの残りとカスによって、インクのボタ落ちを起こしやすくすることがあります。その場合は、先端の汚れを取り除いてから、お使いください。
インクの書き出しが悪い場合は、硬い紙の上で少し筆圧をかけて書き、先端に溜まっている古いインクや空気を出せば、再び書けるようになることが多いようです。ライターなどで暖めないでください。


■ペンシル
ペンシルの芯がすり抜けて止まらない場合は、芯のすべりを止める内部の小さなゴムの磨耗が原因の場合があります、この場合は、修理に出してください。また、芯が短くなって、芯を支える部分と先端までの長さに満たない場合は、芯が引っ込んだりすり抜けたりします。この場合は、新しい芯を補充してください。
芯が出ない場合は、先端または内部に芯が折れて詰まっている場合や芯のカスが詰まっている場合、予備の芯を入れすぎている場合があります。この場合は、これを取り除くことによって解決します。解決しない場合は修理に出してください。
芯をあまり長く出すと、折れやすくなります。先端が、若干出ている程度で筆記してください。なお、国産の替芯と外国製では、太さが同一表示でも、芯の製造工程の違いにより、すり抜けたり、詰まったりする場合がありますので、ご注意ください。

ペンシル


■ローラーボール
ローラーボールのインクは、水溶性のため、常に蒸発しています。従って、使わないときは、必ずキャップをしてください。また、ボールペン同様、紙質によっては、紙のカスがたまりやすいことがありますので、先端の汚れを時々取り除いてください。
インクの書き出しが悪い場合は、硬い紙の上で少し筆圧をかけて書き、先端に溜まっている古いインクや空気を出せば、再び書けるようになることが多いようです。ライターなどで暖めないでください。

ローラーボール


■その他の注意点
ペンは、特殊なペンを除き、一般的に、室内での筆記を本来の目的として作られていますので、高温多湿の場所、直射日光の当たる場所、ペンに衝撃を与えるような場所(満員電車など)は、避けてください。
吸入式万年筆やコンバータを使用している場合、ノブは止まったところで十分機能しています。それ以上まわすと、思わぬ故障の原因となりますので、ご注意ください。また、閉めすぎますと、ネジ山を破損しインク漏れなど原因となることがありますので、ご注意ください。

■金銀製品のお手入れ方法
「銀は変色するもの」ですから、お手入れが必要です。
一番のお手入れ方法は、毎日お使いいただき、柔らかい布で軽く汚れを拭き取れば、その美しさを保つことが出来るだけでなく、いわゆる銀本来の色になってきます。
ひどく変色した場合は、市販の銀磨きや磨き布で拭いていただければ輝きを取り戻すことが出来るでしょう。
「金製品」も24金の純金で無い限り、18金、14金、10金などの場合は、加えてある金属の性質を若干受け継ぎますので、銀と同様のお手入れが必要です。

ページの先頭へ

輸入筆記具を購入される方へのアドバイス

ペンは、書く人の持ち方や、持つ位置、角度、紙質などによって、書き味を含め、人それぞれ、その感じ方が異なります。同じペンを、重いと感じる方、軽いと感じられる方、柔らかいタッチと感じる人もいらっしゃれば、硬いと感じる方もいらっしゃいます。また、サラサラといった感触を好まれる方がいらっしゃる一方で、滑るような感触でなければ満足されない方もいらっしゃいます。キャップを後ろにさして書く方やささない方もいらっしゃいます。筆記用具は、物を書く道具ですから、自分の手に合ったペンを選ばないと、ストレスが溜まります。
日本輸入筆記具協会に所属するペンは、世界中の一流筆記具が集まっていますので、きっと皆様のご要望に合う製品があることでしょう。

当協会会員によって、製品が流通しているお店は、ほとんど試し書きが出来ます。輸入筆記具には、いろいろなブランドがあり、それぞれに個性あふれる製品をご用意しています。

筆記具には、いろいろ種類があり、万年筆、ボールペン、ペンシル、ローラーボール、また、ファインライナーやスケッチペンなどと呼ばれるものもあります。

万年筆は、約100年ほど前から基本的な仕組みは変わっていません。
従って、現代の感覚からすると非常にアナログ的な面が多く、便利で使いやすい機能を過度に期待することは出来ません。100年前よりは、素材の開発や、インクの充填方式の改良などにより、多少便利にはなりましたが、まだ、インクが乾くのに時間が必要、手に馴染ませる、時々手入れが必要であるなどといった、不便さを感じることがあるでしょう。
しかしながら、インクが乾くまでのゆとりや、自分だけの書き味など、本当の手書きのよさが、万年筆の味わい深いところとなっていて、馴染んだ後は、もう手の離せないパートナーとなります。
当協会所属の各メーカーは、より良い使いやすいペンをお使いいただけるように、万年筆だけでなく、ボールペンやローラーボールなどといった新しい筆記具やインクなどの研究・開発を常にしていますので、時々店頭をご覧いただければ、新しい発見があることでしょう。

万年筆は、紙にペン先が触ると、ペン先の割れ目を通して、先端からインクが流れるようになっています。従って、筆圧を余りかける必要はありません。ペンを45〜60度の角度で、ペン先の割れ目が、紙面にまっすぐに当たるように書けば、自動的にインクが紙面に出る構造となっています。
油性のボールペン(一般的にボールペンと呼ばれているもの)は、筆圧をかけて、先端のボールを回転させて、インクを紙に付着させていきます。ローラーボールは、ボールペンのような仕組みですが、水性インクやゲルインクを使用していますので、あまり筆圧をかけずに書くことが出来ます。

ペンは、その角度、持つ位置、ペン自体の重量によるバランスなどによって、ペン先の紙に接する感触(書き味)が変わります。従って、単に、長・短・重・軽を基準にするのではなく、自分の「手の大きさ」「用途」「感覚」に合ったペンを選ぶことが重要です。
ボールペン、ペンシル、ローラーボールも 中に入っている芯が同じだから、書き味も同じという訳ではありません。ペン自体の重量や長さ、持ち方が変われば、書き味も変わってきます。

当協会会員によって、製品が流通しているお店は、すべて試し書きが出来ます。輸入筆記具には、いろいろなブランドがあり、それぞれに個性あふれる製品をご用意しています。

お好みのペンを手に取られたら、よく書く文字(たとえば、名前とか住所など)を普段通りの大きさ、方向、速度で、試し書きをして見ます。「永」「裁」などの文字がよいといわれますが、書道をされる方でなければ、名前や住所などのほうが、判りやすいと思います。
試し書きをして、画数の多い字や細かい字がつぶれている時は、もう少し細いペン先のほうがよいかもしれません。筆圧により線幅も変わってきますので、表示にとらわれずに、お試しください。
罫線のある書類や小さな文字を書かれるのであれば、細字(F)を、そうでなければ、中字(M)をお勧めします。また、メーカーにより異なりますが、他に極細(EF)、太字(B)、特殊ペン先など、個性的に合わせたペン先をご用意している場合もあります。
但し、一般に、輸入筆記具は、国産のペンと比べて、漢字を使用しない国々で生産されていますので、細字に対する感覚が異なっており、若干太く感じることが多いことにご留意ください。

店頭の販売員に、デザインやご用途、ご予算など、皆様のお好みをお聞きすれば、数多くのペンの中から、何本かお客様に合ったペンをご用意できますので、お気軽にお声をお掛けください。そのペンで、是非試し書きをして輸入筆記具のすばらしさを味わってください。   

ページの先頭へ

輸入筆記具を購入される方へのアドバイス

ペンは、書く人の持ち方や、持つ位置、角度、紙質などによって、書き味を含め、人それぞれ、その感じ方が異なります。同じペンを、重いと感じる方、軽いと感じられる方、柔らかいタッチと感じる人もいらっしゃれば、硬いと感じる方もいらっしゃいます。また、サラサラといった感触を好まれる方がいらっしゃる一方で、滑るような感触でなければ満足されない方もいらっしゃいます。キャップを後ろにさして書く方やささない方もいらっしゃいます。筆記用具は、物を書く道具ですから、自分の手に合ったペンを選ばないと、ストレスが溜まります。
日本輸入筆記具協会に所属するペンは、世界中の一流筆記具が集まっていますので、きっと皆様のご要望に合う製品があることでしょう。

当協会会員によって、製品が流通しているお店は、ほとんど試し書きが出来ます。輸入筆記具には、いろいろなブランドがあり、それぞれに個性あふれる製品をご用意しています。

筆記具には、いろいろ種類があり、万年筆、ボールペン、ペンシル、ローラーボール、また、ファインライナーやスケッチペンなどと呼ばれるものもあります。

万年筆は、約100年ほど前から基本的な仕組みは変わっていません。
従って、現代の感覚からすると非常にアナログ的な面が多く、便利で使いやすい機能を過度に期待することは出来ません。100年前よりは、素材の開発や、インクの充填方式の改良などにより、多少便利にはなりましたが、まだ、インクが乾くのに時間が必要、手に馴染ませる、時々手入れが必要であるなどといった、不便さを感じることがあるでしょう。
しかしながら、インクが乾くまでのゆとりや、自分だけの書き味など、本当の手書きのよさが、万年筆の味わい深いところとなっていて、馴染んだ後は、もう手の離せないパートナーとなります。
当協会所属の各メーカーは、より良い使いやすいペンをお使いいただけるように、万年筆だけでなく、ボールペンやローラーボールなどといった新しい筆記具やインクなどの研究・開発を常にしていますので、時々店頭をご覧いただければ、新しい発見があることでしょう。

万年筆は、紙にペン先が触ると、ペン先の割れ目を通して、先端からインクが流れるようになっています。従って、筆圧を余りかける必要はありません。ペンを45〜60度の角度で、ペン先の割れ目が、紙面にまっすぐに当たるように書けば、自動的にインクが紙面に出る構造となっています。
油性のボールペン(一般的にボールペンと呼ばれているもの)は、筆圧をかけて、先端のボールを回転させて、インクを紙に付着させていきます。ローラーボールは、ボールペンのような仕組みですが、水性インクやゲルインクを使用していますので、あまり筆圧をかけずに書くことが出来ます。

ペンは、その角度、持つ位置、ペン自体の重量によるバランスなどによって、ペン先の紙に接する感触(書き味)が変わります。従って、単に、長・短・重・軽を基準にするのではなく、自分の「手の大きさ」「用途」「感覚」に合ったペンを選ぶことが重要です。
ボールペン、ペンシル、ローラーボールも 中に入っている芯が同じだから、書き味も同じという訳ではありません。ペン自体の重量や長さ、持ち方が変われば、書き味も変わってきます。

当協会会員によって、製品が流通しているお店は、すべて試し書きが出来ます。輸入筆記具には、いろいろなブランドがあり、それぞれに個性あふれる製品をご用意しています。

お好みのペンを手に取られたら、よく書く文字(たとえば、名前とか住所など)を普段通りの大きさ、方向、速度で、試し書きをして見ます。「永」「裁」などの文字がよいといわれますが、書道をされる方でなければ、名前や住所などのほうが、判りやすいと思います。
試し書きをして、画数の多い字や細かい字がつぶれている時は、もう少し細いペン先のほうがよいかもしれません。筆圧により線幅も変わってきますので、表示にとらわれずに、お試しください。
罫線のある書類や小さな文字を書かれるのであれば、細字(F)を、そうでなければ、中字(M)をお勧めします。また、メーカーにより異なりますが、他に極細(EF)、太字(B)、特殊ペン先など、個性的に合わせたペン先をご用意している場合もあります。
但し、一般に、輸入筆記具は、国産のペンと比べて、漢字を使用しない国々で生産されていますので、細字に対する感覚が異なっており、若干太く感じることが多いことにご留意ください。

店頭の販売員に、デザインやご用途、ご予算など、皆様のお好みをお聞きすれば、数多くのペンの中から、何本かお客様に合ったペンをご用意できますので、お気軽にお声をお掛けください。そのペンで、是非試し書きをして輸入筆記具のすばらしさを味わってください。   

ページの先頭へ


ペンクリニック   

ページの先頭へ


品質保証と修理

消耗品
インクや替芯などの消耗品は、お近くの輸入筆記具取扱店にご用意しています。
メーカーや製品によって、形状が異なりますので、出来るだけ製品と同じメーカーのものをご使用ください。贈り物などで、ペンのメーカーがお判りにならない場合は、本体をご持参いただき、販売員にご相談ください。



■品質保証・修理
輸入筆記具協会加盟のブランドは、販売したお店で、修理などのご相談をお受けします。
製品には、品質保証書(取扱説明書を兼ねている場合が多い)が添付され、お買い上げの際に、日付および、お店の住所と店名が所定の欄に記載されます。
精密機械と同様に、保証とその期間を証する大事なものですので、失くさないように、大切に保管してください。
修理やご相談の際は、この保証書を添付して、お買い上げのお店(保証書にスタンプまたは記入されています。)にお持ちいただくか、お近くの輸入筆記具取扱店にお持ちください。
多くのブランドは、製造上の欠陥につきましては、無料修理・交換などの方法により、規定の期間、保証いたします。但し、販売店の証印がないものや、使用による自然な磨耗や、お取り扱い上の不注意による故障や、人為的な故障につきましては、有料になる場合があります。
なお、故障原因の判定および有償無償・交換などの判定は、各ブランドで行います。
限定品や旧型の製品などは、生産国で修理することが多く、通常、2、3ヶ月を要します。(クリスマスや夏期休暇などの時期は、さらに約1ヶ月余分に掛かることがあります。)
また、永久保証と記載されている場合は、各メーカーにより保証内容が異なる場合がありますので、販売店又はメーカーに保証内容をご確認ください。


■修理に出す時のコツ
修理は、各メーカーとも受け付け順に修理していますので、ある程度の期間お預かりすることになります。特に万年筆は、症状により、他のペンよりも長くなることがあります。
これを短縮するためには、お店の販売員に、症状を詳しく、説明し、費用が掛かる場合は、希望額を伝え、それ以上掛かる場合のみ連絡するように依頼すると、中間の問い合わせなどがなくなるため、時間を相当短縮できることが多いようです。
(注:万年筆の場合、インクが詰まって出ないという症状が最も多くなっています。別ページの「ペンクリニック」に記載されている掃除の仕方によって解消される場合が多いので是非お試しください。)

ページの先頭へ